タイミングを逃さず自然にデートに誘う方法【タップル・ペアーズ】

質問
質問

マッチングアプリでいい感じの人がいます。デートに誘う良い方法を教えてください。リアルに会ったことがないので、誘い方がよくわかりません。、、

マッチングアプリで、直接会うタイミングって、難しいですよね。

今誘うべきなのか、誘わないべきなのか、悩んでいるうちに、チャンスを逃してしまうことも …

実は、男女は、恋愛モチベーションに違いがあるため、いつでもデートに誘う「スキル」が必須です。

参照:ネット婚活ナビ

そこでこの記事は、自然にデートに誘えるようになるフレームワークをお伝えします。

わたしも商談のときに、実際に使っている、成約率を上げるテクニックです。

取り入れるだけで、自然とデートに誘える確率が高くなります。

この記事でわかること
  • パナキ理論
  • 自然にデート誘うスキル
  • デートのタイミングを逃さない
この記事を書いた人(Tさん)
この記事を書いた人(Tさん)

東証一部上場、Webコンサル会社に勤務中。モテない38歳サラリーマンでも、マーケティングの力で、結婚することができました。20代の妻の意見も参考にブログを執筆してます。

この記事でわかること(目次)

パナキ理論【タイミングを逃さず自然にデートに誘う方法:タップル・ペアーズ】

結論、パナキ理論を使えば、デートに誘うスキルが身につきます。

なぜなら、自然に誘導できるスキルが身につくから。

パナキ理論とは、サバンナ八木さんが、もちネタとしているギャグです。

相方、お客さんから、単語を言ってもらって、その言葉から、一人しりとり。

最後に「パナキ」にするギャグです。

例))リンゴ→ゴリラ→ラッパ→パナキですっっ

パナキ理論

パナキ理論は、商談のとき使うと、成約率を高める効果があります。

なぜなら、ゴールに誘導することができるから。

「買ってもらう」というゴールに向かい話がすすむので、自然と成約します。

  • メリットは、自然にゴールに会話が進むこと。
  • デメリットは、準備と練習が必要なこと。

洋服屋のしつこい店員さんと同じです。しつこい接客は、お客さんが逃げます。

パナキ理論は自然に誘導するのが本質。

だからこそ効果が高いのです。

パナキ理論の実践【タップル・ペアーズで自然にデートに誘う】

では、どのようにパナキ理論を使うか、具体例を見てみましょう。

パナキ理論を使って、営業マンが空気清浄機を成約させるケースを見てみましょう。

パナキ理論

用意するのは、ネタとフックです。

サバンナの例では、四角の中(ネタ)はりんごやラッパでした。

実践で使う場合は「話のネタ」に変換します。

「今日暑い」という雑談ネタから、別のネタを振っていき、成約へと導きます。

ポイントは2つ。

①「ネタをストックしておくこと」

ネタが多いと、相手の返しに柔軟に対応できるので、ゴールまで進みやすいです。

②「フックネタを想定すること」

画像青の四角「換気しないと病気になります」がフックネタです。

サバンナのヤギさんは、パナキの前が必ず「ラッパ→パナキ」です。

ラッパがフックにあたります。

フックがクロージング(背中を押すテクニック)の役目を果たすので、ゴールにたどり着く確率が高くなります。

パナキ理論でデートに誘う【タイミングを逃さない】

では最後に、パナキ理論を使ってデートに誘う練習をしましょう。

デートを誘うための会話ネタを作り、フックを用意することで、ゴール達成へと導きます。

こんなかんじでしょうか、、、

画像は、趣味の会話から始まり週末をフックにデート誘ってます。

ネタを多く用意することで、デートに誘える可能性が高くなります。

意識しないでも、自然にデートに誘ってる人は、画像のような誘い方を自然にできています。

デートに誘いたいなら、今からネタとフックを考えてください。

今までできなかったひとでも、練習することで、相手を自在に誘導し、デートに誘える確率が高くなるでしょう。

まとめ【タイミングを逃さず自然にデートに誘う方法:タップル・ペアーズ】

まとめです。

パナキ理論を使えば、デートに誘うスキルが身につきます。

なぜなら、自然に誘導できるスキルが身につくから。

この方法を実践したことで、私の人生にこんな変化がありました♪

マッチングアプリで、彼女ができた

パナキ理論を使わないと、会話がブレて、デートに誘うタイミングを逃します。

パナキ理論は、 すぐに身につくスキルではありません。

当たり前ですが、 コツコツ勉強し努力しなければいけません。

しかし、その先には、念願の彼氏、彼女が待ってます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる